7月の仮想通貨 – 概要

SimpleFX CFDの取引プラットフォームによってもたらされた仮想通貨の世界で7月に起こったことの概要をご覧ください。最近ニュースを見る時間がなかった場合、または先月の概要に興味がある場合は、こちらの記事をぜひご覧ください。

多くの注目を集めたイベントは、リアルライブイベントの予測を行うためのAugurというプラットフォームの発売でした。トークンを持っている方々は、最初の販売からプラットフォームが発動するまで3年間を待つ必要がありました。起動の後、Augurは最も人気のあるイーサリアム関連のアプリの中で5位にランクされたので、ネットワークが混雑する可能性が高かったです。興味深いことに、Augurには暗い側面もあります:いくつかのアプリユーザーは有名人の暗殺の予測市場を掲示し始めました。コミュニティがそのような投稿にどのように反応するか、時が経てば分かります。

規制環境を見てみると、フィンテック事業の設立場所を探している場合、マルタは注意を払うべき場所です。マルタの議会は、6月にいくつかの重要な法律を制定しました。これは、仮想通貨とDLT(分散台帳技術)事業のための支援的な環境を作り出します。マルタですでに設立された企業の1つは、Founders Bankと呼ばれる世界初の分散銀行です。マルタ金融サービス機構は、法案の1つがまだ発効していないと発表したが、見通しは依然として非常に有望です。

3月の会合に関して、G20は仮想通貨の規制と監督の必要性に気づきました。従って、G20の諮問機関:金融安定理事会(Financial Stability Board)は、デジタル資産とその財務安定性への影響を測定する一連の指標を公表しました。また、G20はマネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FATF)に、このセクターでどのようにFATFの基準を利用することができるか10月に提示を求めました。今までの作業のペースでは、この分野が本当にG20の優先事項かどうか、疑問に思わざるを得ません。

7月にマスターカードには仮想通貨の送金の処理速度を向上させる方法の特許が付与されました。追加のメリットには、セキュリティの強化と詐欺の検出が含まれます。同じように、バークレイズはブロックチェーンによる資金を移転する特許を申請しました。両方が主流の金融機関であるため、こういう活動は、仮想通貨と不換紙幣との関係が深まることを証明する可能性があります。

6月の仮想通貨-概要

SimpleFX CFDの取引プラットフォームによってもたらされた仮想通貨の世界で6月に起こったことの概要をご覧ください。最近ニュースを見る時間がなかった場合、または先月の概要に興味がある場合は、こちらの記事をぜひご覧ください。当社にとって6月は、SimpleFXのモバイルアプリの提供するサービスが広がったし、新しいアフィリエイトパネルが開始された時期でした。では、今月の概要を見てみましょう。

EOS メインネットの開始は、そのユニークな特性のために、仮想通貨セクターで最も注目を集めたイベントでした。このプロジェクトを開始したBlock.oneという会社は、1年を通して約40億米ドルを収集しました。その後Block.oneは、コードをオープンソースにし、システムの管理を一般に公開することを目指しました。マイニングに関しては、21ブロック制作者がトランザクションを認証することを意図されています。その21ブロック制作者は、ネットワーク参加者の投票によって選択されることを意図されています。参加者は持っているEOSの量によって投票に影響力が違います。残念ながら、このシステムの開始は意外に困難になりました。メインネットが開始したから21ブロックの制作者が選ばれたまでにはしばらく時間がかかりました。さらに、いくつかのアカウントを凍結させることについていくつかの論議がありました。分散したはずのネットワークにとっては、こういう状態が奇妙に中央のネットワークのように見えました。それにしても、EOS メインネットはここ数カ月間で最もユニークな仮想通貨実験の1つであり、この自治システムがどのように発展するか興味深いところです。

中国の国営テレビ局CCTVはブロックチェーンに関する1時間のテレビ番組を放送しました。番組のホストは、ブロックチェーンがインターネットより10倍に役に立てる可能性を秘めていると述べました。いくつかの否定的な発言があったにもかかわらず、全体的な印象は心温まるものでした。そういう番組が中国の国営テレビによって放送されたという事実は業界の注目を集めました。

ノーザントラスト(Northern Trust)によって最近に登録された特許はブロックチェインの日常生活への影響が増しているもう一つの証明になります。要するに、彼らは、スマートコントラクトが出席者やそれぞれの行動やその行動の締め切りなどのデータを記録し、それをブロックチェーンに保存するという状況を想定してきました。こういう機能が主流になると、追加の作業を避けるために会議を早期に離れるなどの行動は無意味になります。

5月の仮想通貨-SimpleFXの概要

SimpleFX CFDの取引プラットフォームによってもたらされた仮想通貨の世界の5月に起こったことの概要をご覧ください。最近ニュースを見る時間がなかったまたは先月の概要に興味がある場合、この記事がとても役に立つと思います。

仮想通貨が主流のビジネスに大きなインパクトを与えているニュースを見るたび、とても素晴らしいと思いませんか?NVIDIAのCEO、Jen-Hsun Huangは、マイナー(採掘者)によるGPUの需要の増加がグラフィックカードの不足につながったと認めました。仮想通貨は、肯定的な影響はもちろん、負の影響も与えています。MastercardのCFOは、会社のクロスボーダー取引量の減少を報告し、クレジットカードによる仮想通貨購入を禁止した銀行の一部につなげました。さらに、両社の代表者は、セクター開発のペースを予測することが困難であるため、収益予測に仮想通貨を含めていないと述べました。正か負か、仮想通貨の大きなインパクトは明らかです。

5月には、国々の仮想通貨へのアプローチの変化を見ることができました。中国の大統領は、ブロックチェーンがモノのインターネットと人工知能と一緒に現在の経済状況を作っている技術であるし、中国はこの分野の研究を進めるべきだと指摘した。確かに、ブロックチェインと仮想通貨は同じではないという方もいるかもしれません。しかし、これは中国の大統領によって公表された業界に関する最初の肯定的な意見です。それと同様に、韓国の金融監督院長Yoon Suk-heunは、仮想通貨の積極的な側面について話し、おそらく仮想通貨の規制を緩めていると語った。さらに、第4回産業革命特別委員会は、投資家の権利が保護されていれば、ICO禁止を解除する法律が正式に提案する予定があります。

5月22日には、1万ビットコインで支払われた有名なピザ購入の8周年を迎えました。

仮想通貨の価格がどんどん増加したため、プログラマーのLaszlo Hanyeczは間違いなく名を残してしまいました。その時にピザの2枚に費やされた金額が2018年まで7700万ドルになったのは信じられないことです。