【仮想通貨】急落している相場で考えるべき6項目

 

・急落してきたから損切りしなければいけないのか?

・相場が急落するとどうすればいいかわからない

このような悩みを持つ方向けに、急落する時に考えるべき6項目を提案します。

急落した時にやるべきことがわかるので、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

結論、以下6点です。

  1. なぜ急落したか調べる
  2. チャートを見る
  3. 買い場を探す
  4. 闇雲な逆張りはしない
  5. 狼狽売りをしない
  6. メンタルと向き合わない

1つずつ解説していきます。

1.なぜ急落したか調べる

まずは、情報整理です。

・なぜ急落した?

・急落を予想はできなかったのか?

この2点を考えましょう。

なぜ?を探ることによって、投資家としての力がつきます。

また、急落を事前にキャッチできるようになってきます。

(当然、予測できないものもある。)

具体例を挙げると、

「こういうニュースで下落するのか、そしたら今あのコインを買わない方がいいな。」

っていうのがわかってきます。

2.チャートを見る

「急落」や「暴落」のニュースがでたら必ずチャートを見ましょう。

暴落の定義は人それぞれ違います。

実際チャートを見ると、ただの「調整」であることが多いです。

今のビットコインのチャートを見ると、まだ「暴落」とは言えません。

事実確認は必ずチャートでしましょう。

また、ニュースを見る時も、チャート→ニュースの順番で読むと

重要なニュースとそうでないニュースがわかりやすいです。

3.買い場を探す

どこまでいけば買うか?を決めておくと良いでしょう。

ある程度、反発してきそうな水準の目星をつけておきましょう。

また、普段から暴落した時に「追撃」できる資金を残しておきましょう。

暴落した時に、投資をできないのはもったいないです。

4.闇雲な逆張りをしない

下がってるから買ってしまう。というのは、

強気な投資家に多い傾向です。

ただ、下落中に買うのはギャンブルの要素が大きくなります。

底をうって、上昇転換してからでもまったく遅くありません。

特に、今日は急落初日なので様子を見た方がいいです。

「頭と尻尾はくれてやれ。」という投資スタイルだと、リスクが減らせます。

5.狼狽売りをしない

狼狽売りは、弱気な投資家に多い傾向です。

損切りや利確をもともと検討しているなら話は別ですが、

「下がってる、なんかこのまま下がってきそう!売ってしまえ!」

こういう狼狽売りは後悔することが多くなるでしょう。

突発的な取り引きがそもそも良くありません。

6.メンタルと向き合わない

急落している時に、「メンタルが大事」ということが、よく言われます。

確かに、資産が少し減ったくらいで動じないメンタルも大事なのですが、

そもそもメンタルが消耗しない仕組みも重要です。

例えば、

・借金をしてまで投資をしない

・生活費は残しておく

・極論、なくなってもいいお金でやる。

「なくなっていいお金なんてない!」っていう意見もありますが

限りなく、その感情に近い額でやることです。

ひと言でいうと「余裕」をもって投資する事ですね。

初心者向け:暗号資産(仮想通貨)の基礎知識

しかし、まだ取引を始められていない方の中には、そもそも暗号資産とは何か、どのようなものを暗号資産と呼ぶのかなどといった点について知らない方も多いのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、暗号資産の区分や定義、暗号資産を取り扱う前に知っておくべき基礎知識をまとめました。

 

暗号資産の取り扱い

まずは暗号資産(仮想通貨)の国内における取り扱いや主な規制について確認していきます。

 

国内では法令上仮想通貨ではなく暗号資産という呼称

国内では、2020年5月1日の資金決済法の改正によって、法令上仮想通貨から暗号資産という名称へ変わりました。

 

たとえばビットコインイーサリアムなども暗号資産と呼びますし、仮想通貨取引所は暗号資産取引所という呼称になります。

 

そして、暗号資産は、主に3つの性質を持つものに対して定められています。

 

1つ目は、不特定の方に対して決済などに用いることができ、法定通貨と交換可能であることという内容です。つまり、商品の購入や日本円やドルなどと交換可能なものは、1つ目の性質を満たしている状態といえます。

 

2つ目は、デジタルデータとして記録可能で、かつそのデータを移動できるものという内容ます。ビットコインやイーサリアムなどは、紙幣や硬貨として存在していませんので2つ目の条件も満たしています。

 

3つ目は、法定通貨ではない、もしくはプリペイドカードなど法定通貨建て資産ではないことといった内容です。

 

さらに法令上では、1号暗号資産と2号暗号資産に分かれています。違いを簡単に説明すると、以下の通りです。

  • 1号暗号資産:ビットコイン、イーサリアムなど(商品などの決済手段として用いることも可能)
  • 2号暗号資産:1号暗号資産と交換可能な暗号資産(商品の決済に用いることは難しい暗号資産、多くのアルトコインを指す)

 

暗号資産は法定通貨とは異なる仕組みで流通

暗号資産は、前述で示した3つの性質以外に仕組みという点でも法定通貨と違いがあります。

 

主な違いは、非中央管理方式と中央管理方式といったポイントです。

 

法定通貨である日本銀行券(紙幣)は、独立行政法人国立印刷局が印刷し、日本銀行が管理しています。また、硬貨は独立行政法人造幣局が発行、日本政府の管理となっています。

 

一方暗号資産は、特定の人物や組織が発行管理していない代わりに、ブロックチェーンというシステムで暗号資産の送受信を記録したり発行のプログラムを実行したりしています。

 

ブロックチェーンは、暗号資産を用いた通信を行う、かつインターネットに接続された全てのコンピューターで構成されたシステムです。

 

要約すると中央サーバなしで暗号資産の送受信や発行などが行われているということです。

 

そして、暗号資産の発行方法は、ブロックチェーンの種類によって異なります。

 

たとえばビットコインの場合は、送金の計算処理に協力したコンピューターの中で最も計算処理の速いコンピューターが新規発行のビットコインを受け取る仕組みです。このような仕組みをプルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work)と呼びます。

 

暗号資産での決済や採掘

暗号資産の中には、商品の購入代金の決済に用いることができる暗号資産もあります。

 

代表的な活用方法は、暗号資産を用いた売買です。購入した価格よりも高い価格で売却することで、利益を得ることができます。一方、値下がりした場合には損失となってしまうリスクも存在します。

 

他にも暗号資産は、マイニング(採掘)という方法で獲得できます。

暗号資産のマイニングとは、日本語で採掘のことです。

マイニングは、新規発行通貨を獲得できるのが大きな特徴です。また、暗号資産のブロックチェーンシステムを支えるという意味でも、重要な役割を担っています。

 

ビットコインなどプルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work)を採用した暗号資産は、計算処理の速いコンピューターに新規発行通貨を与えるルールです。そのため、計算処理に特化したコンピューター(マイニングマシン)を購入もしくは自作する必要があります。

 

マイニングマシンは、文字通りマイニングに特化したコンピューターで、パソコンのように基盤やいくつかの部品で構成されています。

 

一般に販売されているノートパソコンやデスクトップパソコンなどでマイニングを行う場合は、プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work)以外の方式に参加した方がいい場合もあります。

 

たとえば、イーサリアムなどで採用されているプルーフ・オブ・ステーク(Proof-of-stake)は、暗号資産の保有量や保有期間などを新規発行の基準としているため、計算処理で競う必要がありません。

 

マイニングにおいては、ブロックチェーンやハードウェアに関する知識を身に付けるのが大切です。

暗号資産の取引

 

また、国内外の暗号資産取引所で口座を開設し、簡単に暗号資産取引を始める方法があります。

 

ただし、口座開設手続きの際に本人確認書類も必要となる点に注意が必要です。本人確認書類として認められているのは、主にマイナンバーカードや運転免許証などといったものです。

 

また、セキュリティ対策ソフトをお使いのデバイスにインストールしておくのは、暗号資産取引も含めてインターネットへ接続する上で基本といえます。さらに暗号資産の保管管理を目的としたウォレットというソフトウェアorハードウェアを用意しておくのも重要です。

 

ウォレットの種類によってはオフラインで保管管理可能のため、ハッキングリスクを抑えることができます。たとえば、暗号資産の引き出しに関するパスワードを紙に印刷するタイプやハードウェアウォレットは、どちらもインターネットから遮断された状態で保管可能です。

 

まとめ

国内では、法律の改正によって仮想通貨ではなく暗号資産という呼称に変わりました。さらに暗号資産の定義についても法律で明記されていて、1号暗号資産や2号暗号資産といった区分も存在します。

 

暗号資産に興味がある方は、今回の記事も参考にしながら理解を深め、この機会に取引への参加を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

参考URL

暗号資産の利用者のみなさまへ:金融庁 (fsa.go.jp)

「仮想通貨」を利用する前に知ってほしいこと。 平成29年4月から、「仮想通貨交換業(仮想通貨交換サービス)」に関する新しい制度が開始されました | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン (gov-online.go.jp)

第15回 暗号資産(仮想通貨) (kokusen.go.jp)

 

 

 

外国為替取引を後押しする方法とは?

外国為替はトレーダー全員に大きな可能性をもたらします。 いくら投資する予定だとしても、誰でもこの市場に参入することができます。 お客様自身のポケットにある10ドルでも、外国為替取引を始め、利益を上げることができます。 しかし、ここにさらに良いオプションがあります–FBSのFXボーナスを使用しましょう。

レベルアップボーナスを有効にし、FBSから最大140ドルを獲得しましょう。 そして取引してたくさん稼ぎましょう。 お客様は問題なく、利益を引き出すことができるでしょう。 ボーナスは無料であり、条件はとても簡単なものです。

レベルアップボーナスを取得するには?

  1. FBSをダウンロード – Trading Brokerをダウンロードして、モバイル個人エリアでレベルアップボーナス口座を開きます。 無料で140ドルを獲得しましょう!
  2. Eメールをご確認ください。
  3. フェイスブックアカウントを個人エリアに接続します。
  4. FBSにある教材を使い取引スキルを向上させて、簡単なテストに合格し自分の知識を確認しましょう。
  5. 最低で20日間取引します。 5日以内の短期間の休憩を取ることは可能です。

素晴らしいです! これを行なった後、お客様はレベルアップボーナス口座から利益を引き出すことができます。

FBSアプリのインストールを飛ばし、Web個人エリアで手順2〜5を実行することが可能です。 この場合、70ドル獲得することができます。 全額である140ドルをもらうには–モバイル版でのみ利用可能です。

このボーナスは、無料でお金を稼げるだけでなく、成功した生産的取引の基本を学ぶ機会が得ることができる素晴らしいものとなっています。 FBSの目標としては、クライアントに教育、学習、そしてより強く効果的に取引できる機会を提供することです。 その結果、このプロモーションに参加する人はリスク管理と少量での取引についての多くを学ぶことができます。 実の利益としては、ずっと続けるという動機です。

レベルアップボーナスに加え、FBSは、幅広いボーナス、プロモーション、又コンテストをお客様に提供しています。 車でさえ獲得することができてしまいます。 詳細につきましては、jpfbs.comにアクセスしてください。

FBSでの取引をお楽しみください–ブローカーは、低スプレッドで簡単な支払い処理、及び高レバレッジを提供いたします。 MetaTrader(MT4、MT5)又はそれ以上のもので取引する–より便利なサービスであるFBS Traderプラットフォームを試してみてください。 取引手段が記載されている幅広いリストから選択してお金を稼ぎましょう。

ビットコインキャッシュの購入方法とは?

ビットコインキャッシュの売買

8月1日以降、ビットコインキャッシュは技術の向上により注目を集め、人気の仮想通貨になりました。現在、すべて取引所でビットコインキャッシュを取引する機会が提供されてはいませんが、FXTMでは簡単にトレーダーや投資家がビットコインキャッシュの売買を行うことができます。基本的には、FXTM にサインインし、銀行振込やクレジット カードで入金すれば、デスクトップまたはモバイルアプリのいずれかでビットコインキャッシュをトレードすることができます。Plus500も高度なトレーディングプラット フォーム、低スプレッド及び高速な執行により、ビットコインキャッシュを売買する機会を提供します。

ここからFXTM にサインインすることができます。

ビットコインキャッシュのトレーディング

ビットコインキャッシュや他の仮想通貨の価格変動を利用しようとしている人にとって、Plus500はビットコインキャッシュ、ビットコイン、イーサリアム及びその他の仮想通貨をトレードへの瞬時のアクセスを提供しています。そのプロセスは便利で先端的なトレーディングプラットフォーム(デスクトップ及びモバイル)、低いスプレッド及び瞬時の執行で高速かつ簡単です。詳細内容についてはここをクリック

ビットコインフォーク

8月の初旬に、ビットコイン業界にはビットコインフォークと知られる大きな変化がありました。多くの技術的関与が深まるというよりは、それは最高の技術志向へのチャレンジとなることであり、トレーダーにとってはビットコインが2つに分かれたということを本質的に意味し、一方が引き続き、ビットコインと称され、もう一方はビットコインキャッシュと称されました。この分裂がまさにどのように起こり、ビットコイン市場におけるこの分裂の影響は価格、技術、取引量などの観点でどのようなことなるのかについて、トレーダーや技術者に同様の多くの緊張を引き起こしました。

ビットコインキャッシュとは?

良いニュースはこれまでのところ、分裂はかなりうまく管理されてきており、これまでビットコインネットワークにおいて大きな問題は報告されていません。これは、ビットコインキャッシュと称される新たな仮想通貨の誕生につながりました。それはビットコインの総取引量の20%程度、ビットコインの20%程度の価格でスタートしましたが、その後、価格や時価総額の観点でも大きく下落しました。この分裂で多くの採掘者がビットコインからビットコインキャッシュに移り、ビットコイン業界で重大な懸念となったのはこの脱出でした。しかし、これまでのところ、このビットコインキャッシュへの脱出はかなり最小限のものであり、まだ懸念となるほどのものではありません。この分裂の背景となるアイディアは、ビットコイン市場における取引数を可能にすることであり、これは多かれ少なかれ大半は達成されました。

今日すぐビットコイン取引に参入する

ビットコインキャッシュを買う方法とは?

フォークが完了した現在、次にビットコインキャッシュをどこで、どのように買うのかという問題が出てきます。最も単純な方法は、とりわけ、分裂の時点で自分のウォレットにビットコインが入っていれば、ウォレットにある相当額のビットコインキャッシュを受け取れるというものです。これがそういうことでなければ、利用しているブローカーや取引所に同じ依頼を行い、ビットコインキャッシュをウォレットに入れてもらう必要があります。取引所によってはビットコインキャッシュの同等数をもらえる所もあり、様々な理由で若干少なく与えるとこもありますが、これは利用する取引所に明確な説明を求める必要があります。

ビットコインキャッシュのそうした無料クレジットの問題は今のところ、容易に引き出すことができないということです。多くの取引所は、このビットコインの分裂と特にビットコインキャッシュの扱い方について未だに多くの技術的難題に直面しており、取引所がビットコインキャッシュを引き出すことができるようになるまで数か月もかかるかもしれません。

まだ、仮想通貨の人気やビットコインキャッシュの魅力が高まり、CEO.IXKraken、そしてBithumb等の多くの取引所では新たなデジタル通貨を売買するための素晴らしいサービスが提供されています。

ビットコインキャッシュ取引所

次の方法は、あなたがビットコインキャッシュを持っていなければ、取引所に行き、それを購入することができます。CEO.IXKraken及びBittrexのような主要ビットコイン取引所はすでにビットコインキャッシュの取引を開始しており、その取引量の増加を目の当たりにしていました。そのため、こうした取引所にアクセスし、需給や価格を見て、それを得るだけでいいのです。Krakenはフォークの数日後にビットコインキャッシュの取引を開始していましたが、ビットコインキャッシュでの入金と出金を受け付け始めたのが今日であり、それはこの仮想通貨の利用の増加の兆候と言えます。

取引所から、あるいは取引所からそれを買うことにより、ビットコインキャッシュを受け取ると、それに他の仮想通貨を使うように、好きなようにそれを使うことができます。また、それを再度ビットコインに換え、そのビットコインも使うことができます。至って簡単です。

しかし、しかし心に留めておくべきことが若干あります。アドレスはビットコインとビットコインキャッシュ両方が同一です。そのため、それを公開すると、自動的に他方も公開することを意味し、これがセキュリティやプライバシーの観点でリスクになります。また、仮想通貨業界に組み込まれたセキュリティの特定の層で損をすることを同様に意味するプライベートカギではなく、あなたの公開鍵も公開します。これらは、ビットコインキャッシュの使用を開始する前に心に留めておくことが必要となる多少の点です。この問題を克服するための1つのアイディアは、安全性と他方のセキュリティを確保できるように、全く新しいアドレスにビットコインやビットコインキャッシュを移動することです。

ビットコインとの比較でのビットコインキャッシュのメリットとは?

ビットコインキャッシュ市場は大規模時価総額で始まり、大きな金額のタグを付けて開始していたこともあり、明るくスタートしてきました。分裂のため、ビットコインキャッシュはもはやいかなる形でもビットコインに関連しておらず、独自に生き残らなければなりません。益々多くの採掘者がビットコインキャッシュ市場に参入し、採掘を始めたため、とのように生き残るのかはこれから分かります。ちょうど他の仮想通貨のように、ビットコインキャッシュは、採掘者から十分な処理能力 (ハッシュレート)を得ることが非常に重要であり、それでブロックチェーンを構築し続けることができ、そうでなければ、ゆっくりと弱体化し、死に絶えてしまうことになります。ビットコインキャッシュ業界は、それに投資する者が引き続き満足できるようにその周辺の優れたエコシステムを構築することが重要です。こうしたことは、この商品が成功するための重要なパラメーターになります。

ビットコインキャッシュは独自の市場を開発し、ビットコインとは異なり、さらに便利なものであることを示しています。これまで、取引市場でのビットコインキャッシュでの盛り上がりはスローペースでしたが、益々多くのトレーダーや投資家が取引すべきはここであると分かり始めてきているため、これから加速し、強化されていくものと期待されます。ビットコインキャッシュがすでに有する主な優位性の1つは、8月1日にビットコインを所有していた誰もが自動的にビットコインキャッシュの同数を得ることになり、ウォレットの普及に伴い、それを受け入れる市場と共に、ビットコインキャッシュはうまくいく可能性が高くなります。

ビットコインキャッシュのもう1つの主な優位性はその大きいブロックの制限です。これは、ビットコイン市場の主な短所の1つであり、このことはビットコインキャッシュの支持者が最初に分裂を望んだ理由です。現在、高い制限があれば、ビットコインキャッシュがこの技術の次のステージを推進できるようになる非常に多くの取引数を実行することができるようになります。

ビットコインネットワークで何が起こるのか?

このことがビットコインネットワークに対して意味することは、技術の成長の舞台を用意し、その技術が成長するに伴い、誰もが知ることになるという心構えでいるということです。この分裂が行ったことは、市場に対して技術は積極的に市場とそのニーズに耳を傾け、それ相応に対応していくということを示しました。ビットコインキャッシュ市場は一旦繁栄し始まると、この技術の分裂は、一方が他方よりも優れていること、そして両者が生き残り、ネットワークと技術の成長において役立つということであり、他方が生き残るために一方が死に絶えることを必ずしも意味していないということも示しています。

また、このことは、ビットコインやビットコインキャッシュの両方に対して低い取引手数料をもたらし、その代わりに、投資家やトレーダーはより多くのビットコインとビットコインキャッシュを受け取る可能性が高まることを意味します。こうした手数料の低下は、ビットコインキャッシュが現在低過密状態であることを意味するネットワークの規模の拡大に役立ってきたという事実によるものです。そうした優位性は、益々ビットコインのトレーダーや採掘者をビットコインキャッシュに向かわせることになる可能性が高く、これはこの市場が繁栄し、技術的に成長し、他の仮想通貨の手本となるべく成熟する上でも役立ちます。この度の分裂の現象はそうした商品における信頼性を増強することになり、それは翻って、多くの国がそうした技術を採用し始めることにつながるでしょう。

既にビットコイン市場は、需要が高まり、この原稿を執筆時点で価格は7000ドルの到達点から8000ドルの到達点に急騰してきました。これは、ビットコインネットワークが活性化し、繁栄していることも示しており、このことからビットコインキャッシュが同様な効果を達成する上で役立つ可能性が高くなります。

今日すぐビットコイン取引に参入する

認可を受けたFXブローカーを選ぶ理由

外国為替市場ではきわめて流動性の高い市場が週6日、1日24時間用意されており、1日の取引高は5兆ドルにも及びます。取引にはいつでも簡単に参加・退出することができますが、規制当局から認可を受けたブローカーを利用することで初めて公正な取引が保証され、安全に資金を運用することができます。

規制は投資家を助ける

為替市場では信頼できるFXブローカーを選んで取引することが極めて重要です。インターネット上にはお勧めのブローカーのリストを掲載したサイトや役に立つレビューがあふれています。なぜブローカーを慎重に選ぶべきなのかに対する回答はいくつかありますが、最も分かりやすい答えは規制当局の監視の下で安全に取引できるというものでしょう。やっとの思いで築いた資産を無認可のブローカーに持ち逃げされたら手の打ちようがありません。

よく知られた規制当局としては、米国の商品先物取引委員会(CFTC)や先物協会(NFA)、キプロス証券取引委員会(CySEC)、英国の金融行動監視機構(FCA)などが挙げられます。

ブローカーを選ぶ際はその所在地を把握しておくことが重要です。これは先進諸国では、問題が発生して資金を引き上げる必要が生じた場合に当該国の法律が手助けになる場合があるためです。

FXブローカーはどれも同じということはありません。非常に信頼できるブローカーもありますが、いかがわしいものも数多く存在します。自分に合った取引ができるかどうかだけでなく、取引全体を見渡して最も利益となるブローカーを各自が責任を持って探し出す必要があります。

取引の世界ではセキュリティが大きな役割を果たしています。安全なネットワークがあって初めて安心して取引ができ、取引の秘匿性が担保されます。規制当局から認可を得る手続きには、このようなセキュリティとシステムの安全性の確保も含まれています。

金融商品

規制当局の監視対象には取引の公正性、法の遵守、セキュリティだけでなく、ブローカーが扱う金融商品も含まれます。たとえば、バイナリー オプションが利用可能な国があれば、特定の金融商品のみ取引が許可されている国もあるといった具合です。これは、ブローカーによっては取り扱える金融商品が制限されていることを意味しています。そのため、事前に自分の投資戦略に沿った金融商品が取引できるかどうかを確認する必要があります。

FXブローカーを探す際に投資家の多くは使い易いプラットフォームを見つけることに熱心ですが、最適なブローカーにたどり着くには規制当局から認可を受けているかどうかに注目することも大切です。透明性があり裏がないブローカーは往々にして実績も高く、外国為替市場では最も安心して取引できるといえます。