オミクロンの影響は続くのか?BTC,ETH,XRPのチャート分析

南アフリカの疫学センターが、オミクロン株は今までのコロナウイルスと比べて3倍の再感染リスクがあると発表しました。

アメリカでは1月からワクチンの製造にとりかかるとニュースもでていますが、引き続きオミクロン株への対応に追われています。

金融市場は、一時下落。ビットコインを始めアルトコインは、勢いを取り戻せていません。今後の展開、チャート分析を交えて3銘柄の値動きを解説していきます。

 

ビットコインは59000ドルの高値が節目

ビットコインは引き続き調整が続いています。

強めの買いが入ってもすぐに下落に押し返されている点を見ると、まだまだ売り圧力があると見えます。

 

前回の調整から安値更新までの期間は、19日から25日までの6日間でした。

現在は26日から調整を続けていて本日で7日目です。

 

そろそろ、大きな値動きがあってもおかしくはありません。

上昇転換の合図は、59000ドルの高値です。

59000ドルをブレイクするまでは、下落目線で見ています。

 

過去最高値に届かなかったイーサリアム

イーサリアムは、過去最高値に到達せず包み足をつけて下落してきました。

この段階で、売り圧力が強いと判定したトレーダーも多いはずです。

 

現在は、意識されるサポートラインの4525ドルで調整中。

1週間のボラティリティーを考えると、今週はイーサリアムはすでに平均以上動いています。

 

しばらく、このラインで調整が続く可能性があるでしょう。

ラインを下回るようであれば、安値の3990ドルまでの下落を考慮する必要があります。

 

レンジが続くリップル

リップルは、売買が拮抗した状態が続いています。

チャート全体で見ると、安値圏にいるので買いに優位性があるのは間違いありません。

 

ただ、直近では買いの強さも入ってきていないのと、高値(1.0715)をブレイクできていないため、下落目線で見ています。

 

ファンダメンタルズの材料も少なく、SECとの裁判も今年中には終わらないでしょう。上昇するとしたら、ビットコインと共に上昇するシナリオが濃厚です。

上昇転換の合図として、高値(1.0715)のブレイクに注目しています。

カルダノ/ADAコインが+7%の上昇!上昇転換なるか?

ADAコインは、スマートコントラクトの実装に成功し、一時3ドルを超えて時価総額3位までのし上がりました。

 

しかしそれ以降は上昇できず、eToro上場廃止やFUD、ビットコインの下落を受けて1.4348まで下落しています。

カルダノの今後の見通しを解説しました。

 

1.7510の高値をブレイクできるか?

上昇転換できるかどうかは、ダウ理論で意識される4時間足の高値(1.7510)が重要です。

現在は、強く反発して下落の底をうったように見えますが、高値をブレイクできず上ヒゲをつけています。

 

複雑に見える相場も結局、3通にしか進みません。

  • 高値をブレイクして上昇
  • 高値を破れずレンジ
  • 安値更新して下落回帰

 

ブレイクできる場合、レジスタンス・サポートラインの1.9238付近まで上昇の見込みがあります。

下落して最安値を更新する場合、日足ベースの大底1.0499までの下落を視野に入れなければいけません。

 

いずれにせよ、1.7510のラインのブレイクが今後1~2週間のADAコインの値動きを決めるでしょう。

 

ADAコインのファンダメンタルズ

ADAコインはファンダメンタルズの観点から見ると、将来性があると言えるでしょう。

  • NFTマーケットプレイス「Varlux」のシード販売開始
  • ミュージカルNFTゲーム「クリプト・バイソンズ」の開発
  • カルダノ独自のDex「アルダナ」
  • Dex「SandaeSwap」が12月5日にテストネット開始

など、水面下で開発が進んでいます。

2022年以降、サービスが正式にローンチされると、カルダノの需要が増える可能性が高いです。

 

カルダノは、イーサリアムと同じレイヤー1プラットフォームとして分類されています。

ただ実際にスマートコントラクトを搭載したのは、9月です。

まだまだ発展途上で、これから多くのプロジェクトが世にでていくでしょう。

今後もカルダノの動きに注目です。

 

〈参考〉

 

https://cardano.org/newsletter/

シバイヌが10%上昇!SHIBの上昇は続く?

仮想通貨マーケットは、Facebookのメタへの社名変更以降、メタバース関連銘柄が強い上昇を見せています。

その中で、メタバースの1つ前に注目されていた「ミーム銘柄」のトップ層にいるシバイヌ(SHIB)が上昇中です。

 

この記事では、SHIB上昇の理由を考察し、チャート分析を用いて今後の展開を予想します。

 

シバイヌ(SHIB)上昇の理由

シバイヌ上昇の理由は、2つあると見ています。

 

・Game Fi/メタバースへの参入

・取引所・クラーケンへの上場

 

シバイヌの公式Twitterは、ゲーム分野の強化として、ゲーム業界のベテランであるウィリアムボルクを招き入れたことを発表しました。

 

ウィリアムは、1992年からゲームを開発している重鎮です。

また、取引所への上場も大きなニュースとなりました。

クラーケンの上場発表後に価格は上昇し、検索ボリュームも増えています。

シバイヌの上昇は続くのか?

シバイヌは、1ヶ月以上意識されていたトレンドラインをブレイクして、上昇しました。

 

現在は、上昇トレンドを起こせるのかどうか、とても重要な位置にいます。

0.00004822の高値をブレイクして、ダウ理論では高値をブレイクしてきましたが、すぐに下落しました。

 

ただ、現在は安値(0.00004822)を守っていて、上昇目線で見ています。

週末まで安値を守れるようであれば、調整を挟み上昇する可能性が高いです。

安値をブレイクしてくるようだと、三尊を作って下落回帰してしまうでしょう。

 

SHIBが再度上昇し、ミーム銘柄トップの座をDOGEから奪い返せるか注目です。

マイクロストラテジーが7000BTCの買い増し|下落からの反発は起こるか?

ビットコイン・イーサリアムは上昇転換できるのか?注目が集まっています。

そこで今回は、ビットコイン,イーサリアムの直近のニュースをまとめました。

チャート分析もあわせて解説していきます。

 

マイクロストラテジーによる買い増し

ビットコインは、引き続き並行チャネルのトレンドラインを守り続けるか?ダウ理論で意識される高値(59000ドル)をブレイクできるか?が注目です。

 

プラスの材料としては、

 

・マイクロストラテジーが7000BTCの購入

・エルサルバドルが100BTCの購入

 

と、大口投資家が買いを継続しています。

この2つの機関は、9月にビットコインが下落した時も買い増していました。

 

バイデン大統領が「ロックダウンをしない」と声明をだしたことで、安堵の買いが入ってきました。

しかし依然として、59000ドルの高値をブレイクしなければ、上昇転換と判定することはできません。

テクニカル的に見ると、昨日と状況は変わっていません。

 

イーサリアムのレンジ相場

イーサリアムも引き続き、3957ドル~4495ドルのレンジ相場です。

レンジをどちらにブレイクするか?を見ています。

ファンダメンタルズ的に見ると、イーサリアムというブロックチェーン自体は改善され続けていると思います。

 

高いガス代により、ユーザー離れは起きていますが、レイヤー2のアービトラムがトルネードウォレットと統合されました。

ZKロールアップと呼ばれるソリューションも台頭しはじめています。

来年以降、イーサリアムのガス代は今よりも緩和されるでしょう。

短期的には、「レンジブレイク」の戦略が正しくなる可能性が高いです。

 

仮想通貨マーケットは、メタバース銘柄が他のセクターよりも早い回復を見せています。ビットコイン・イーサリアムに関してはまだ上昇転換できていません。

節目のレートをブレイクするまでは、楽観視しない方がよいでしょう。

【IPO】サイエンスアーツ、公開価格から5倍化

サイエンスアーツとは?

同社は、デスクレスワーカーをつなげるライブコミュニケーションプラットフォーム「Buddycom」の開発・販売を行っています。

全世界の労働人口のうち、デスクレスワーカーの割合は80%を占め(出所:Emergence Capital 「The State of Technology for the Deskless Workforce」)、日本国内の就業者に限ってもその割合は47%にのぼります(出所:総務省統計局 「令和2年 労働力調査年報」)。

一方で、世界のデスクレスワーカー向けのサービス提供は、まだまだ不十分な状況にあるようです。

このような環境の中、同社のBuddycomは単なる音声によるコミュニケーションにとどまらず、インターネットを介したクラウドサービスであることを活かし、独自に開発した技術によって、音声や画像、動画などのコンテンツのやり取りを可能にしています。

インターネットにつながる環境であれば世界中どこにいてもつながり、やり取りしたデータやコンテンツがデジタル化されて蓄積されるなど、これまでにはない新しいコミュニケーションツールとして成長を遂げています。

公開価格から5倍化

サイエンスアーツの公開価格は1,710円であったのに対し、初値は4,545円(+165.8%)となりました。時流に乗ったビジネスモデルであることも後押しし、人気が集まった格好です。

さらに上場後も株価上昇の勢いは止まらず、11月30日時点で9,900円まで上昇しています。わずか4日で初値から2倍以上、公開価格から見れば5倍以上となりました。

しかし、高値9,900円を付けた後は一気に売られ、ローソク足は長い上ヒゲを伸ばしています。今後も極端な値動きが続く可能性が高いので、トレードする際は注意しましょう。

(画像:Trading View https://jp.tradingview.com/chart/?symbol=TSE%3A4412

 

 

 

(参考)

株式会社サイエンスアーツ 有価証券報告書

https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS82476/d46e091b/39eb/430f/a8ff/9cea6d23d61d/S100MYMM.pdf

 

【11月29日~】今週のビットコイン・イーサリアム・リップルのチャート分析

ビットコインは一時53700ドルまで下落したものの、現在は+6%と上昇回帰しているように見えます。

日本人の一部の投資家に人気の3銘柄。

ビットコイン

イーサリアム

リップル

今週の相場を解説していきます。

 

ビットコイン59000ドルの高値が直近の焦点

ビットコインは、日足ベースのトレンドラインを守る形で上昇してきました。

論点となるのは、「このまま上昇できるのか?」という点です。

 

結論からいうと、4時間足ベースの59000ドルの高値が重要な節目になります。

高値をブレイクできるようであれば、過去最高値の69000ドルを目指して上昇するでしょう。

 

また、ブレイクできないようであれば再度下落。もしくは、レンジの調整が長引きます。

いずれにせよ、ファンダメンタルズの材料がでなければ、上昇する可能性が高いでしょう。

 

イーサリアムのレンジ相場

イーサリアムは現状、3957ドル~4495ドルのレンジ相場です。

このまま長時間、売りと買いの強さが拮抗するようであれば、レンジブレイクという王道のエントリーパターンが必勝方法になる可能性が高いです。

 

1時間足、4時間足の高値4495ドルをブレイクできたら過去最高値を目指して上昇する可能性が高いと見ています。

 

リップルは並行チャネルをブレイクできるか?

ビットコイン・イーサリアムより、リップルは下落の強さがあります。

上昇するためには、

 

・移動平均線(25MA)

・並行チャネル

・1.0637の高値

 

3つの抵抗をブレイクする必要があります。

ブレイクできないようであれば、4時間足ベースの大底、0.876を下落方向にブレイクする可能性があり、さらに暴落する可能性が高いです。

 

仮想通貨マーケットは、下落から急回復するという楽観的な見方もできますが、続落することも考えなければいけません。

恵和、高機能フィルムが好調で大幅増益|テンバガー達成なるか

大幅増益の背景

同社は、光拡散フィルムや高機能光学フィルムを手掛ける「光学シート事業」と、包装資材や産業資材を手掛ける「機能製品事業」を展開しています。

事業ごとに大幅増益の背景を見ていきましょう。

光学シート事業

  • ノートパソコンやタブレット向けの光拡散フィルムや複合拡散版の販売が増加
  • 車載向け光拡散フィルムの需要が拡大

機能製品事業

  • 高付加価値型の製鉄・非鉄金属向け防錆包装紙などの受注が増加
  • クリーンエネルギー資材を中心とする新たなビジネスに注力し、利益率が改善

 

これらを背景に、2021年12月期第3四半期時点での通期業績は大幅な増益を予想しています。

売上高(前期比) 営業利益(前期比) 経常利益(前期比) 当期利益(前期比)
18,150(+23.2%) 2,938(+166.6%) 3,142(+215.5%) 2,155(+191.2%)

 

株価動向(単位:百万円)

まずは、同社の日足チャートを見てみましょう。

(画像:Trading View https://jp.tradingview.com/chart/

同社は2019年10月に東証2部へ上場したばかりですが、上場からわずか2年で大きく上昇しています。

5G関連銘柄として上昇した側面もありますが、ファンダメンタルズもしっかり伴っているのが同社株の魅力でしょう。

上場後の安値は791円、11月19日に付けた高値は6,740円。

安値を起点とするならば、テンバガー(10倍)も現実味を帯びています。

 

現在は押し目を形成しつつありますが、今後の株価動向にも要注目です。

 

 

(参考)

・恵和株式会社 HP

https://www.keiwa.co.jp/

・同社 2021年12月期 決算短信

https://ssl4.eir-parts.net/doc/4251/tdnet/2047589/00.pdf

・同社 2020年12月期 有価証券報告書

https://ssl4.eir-parts.net/doc/4251/yuho_pdf/S100L0IY/00.pdf

 

SHIBチャート分析|トレンドラインをブレイクできるか?

・SHIBはもう上昇しないのか?

・SHIBの現状を知りたい

 

この記事を見ているあなたは、こんな風に考えているでしょう。

そこで今回は、SHIBの直近のニュースとチャート分析をおこないました。

 

SHIBの近況

 

丸1ヶ月を下落に費やしているSHIBですが、ファンダメンタルズでは好材料が集まっています。

 

・米大手シネマAMCがSHIB決済を導入予定

・SHIBトークン保有社が100万人を突破

・Bitfinex Derivatives に上場

・韓国の取引所Korbitに上場

 

保有社が増えているのに価格が下落しているのは、資金量の多い大口投資家が利益確定しているからでしょう。

また、シバイヌコミュニティーは引き続き機能していて、熱心なホルダーは多いです。

 

SHIBのチャート分析

SHIBのチャートを見ると、典型的な急騰から急落の形ができています。

上昇するためには、まずトレンドラインのブレイクと、高値(0.0000519)のブレイクは必須でしょう。

 

また、下落が続く場合であれば

「どこまで下落するか?」という視点が必要です。

 

現状だと、4時間足ベースの前回安値である0.00003357ゾーンまでの下落する可能性もあります。

 

活発なコミュニティーや好材料によって長期的には将来性があると思っていますが、今のSHIBは、下落目線でみることしかできません。

 

トレンドラインをブレイクしようとする動きを見せると、うわヒゲや移動平均線に抑え込まれ、何度も下落しています。

売り圧力が強いです。

 

おそらく、高値掴みをした人のロスカットが入るのでしょう。

 

トレンドラインをブレイクできるか?

高値をブレイクして上昇できるか?

 

2点に注目して、引き続きチャートを分析していきます。

〈参考〉

https://cointelegraph.com/news/1-million-shiba-inu-users-can-t-be-wrong-can-they

ビットコイン,イーサリアム,リップルのチャート分析

仮想通貨マーケットでは、メタバース関連銘柄が上昇を続けています。一方で、主要アルトは調整が続いています。

 

ビットコイン,イーサリアム,リップルの主要アルトのチャート分析と今後の予想を解説しました。

ビットコイン

ビットコインは、一時的な下落の流れが止まったかに見えますが、下落トレンドのサイクルにいることは変わりありません。

 

重要なラインとしては、4時間足ベースの高値(61178ドル)でしょう。

ダウ理論で意識される、方向性を定める高値として、61178ドルが機能しています。

 

現在、短期足では上昇しているので、この61178ドルをブレイクできるかどうか?注目しています。

 

ブレイクできた場合は、調整を挟みながら再度69000ドルの過去最高値を目指す可能性が高いです。

ブレイクできなければ、レンジ、もしくは前回ブレイクできなかった直近の安値55750ドルまで下落する可能性があります。

 

イーサリアム

イーサリアムは、4時間足の高値をブレイクして上昇。再度、過去最高値の4866ドルを目指すでしょう。上昇目線です。

 

上昇の要因としては、ファンダメンタルズ的に

 

・EIP-1559による100万以上のETHがバーン

・アクシーインフィニティ―の仮想土地が240万ドルで販売

・先物ETF承認の噂

 

などが、大きいでしょう。

バーンにより、デフレ資産化でイーサリアムの資産価値は上昇し続けています。

アクシーのみならず、Defi・NFT分野でイーサリアムは66%のシェアを誇り「実需」を生み出し続けています。

 

先物ETFは、現状あくまでも「噂」です。正式に却下されれば下落の可能性もあるでしょう。

 

テクニカル的に見ると、アセンディングトライアングルを形成。

下限のトレンドラインまで戻さずに切り上げていることから、上昇の強さがわかります。

 

イーサリアムは、調整を終えて過去最高値の4866ドルを目指すでしょう。

 

リップル

スウェル以降下落トレンドのリップルは、引き続き下落継続と見ています。

リップル社CEOのブラッド・ゲリングハウスは、SECとの訴訟は2022年に終わるとメディアに語っていますが、真偽はわかりません。

 

直近では、パラオのCBDC発行でパートナーシップの締結など強みである「送金」の地盤を固めています。

 

値動きを見ると、ディセンディングトライアングルを形成。

再度、下落の形を見せています。

1.0049のサポートラインをブレイクするようであれば、もう一段階の下落を前提においた方が良いでしょう。

ADAコインが続落!eToroの上場廃止が響く。

アメリカ国籍を持つすべてのトレーダーは、新しいポジションを持つことやステーキングすることができなくなります。

 

・eToroの上場廃止による影響は?

・カルダノの今後の将来性はあるのか?

 

気になっている方も多いと思います。

そこで今回は、カルダノの将来性・現在のチャート分析を解説します。

 

カルダノの将来性は変わらない

 

「短期的」にはeToro上場廃止の影響は、カルダノにとって大きかったと言わざるをえないでしょう。

上場が廃止されるというニュースがでてから、カルダノは続落しています。

 

今まで規制とは無縁だっただけに、カルダノの投資家にとっても上場廃止はサプライズでした。

 

しかし、長期的にみてカルダノの将来性は変わらず「ある」と思っています。

9月にスマートコントラクト銘柄を実装したばかり、開発中のプロジェクトも多いです。

 

エコシステムに「バグ」が発生し、一部のアンチからはカルダノを疑問視する声もありました。

ただ、来年以降ローンチされるサービスは、カルダノの実需を生むでしょう。

 

・Dexの開発

・ステーブルコインの発行

・NFT事業の参入

・チケットをNFT化するサービス

・音楽関連のゲーム

 

など、カルダノの開発は順調に進んでいます。

長期的には、上昇してくる可能性が高いでしょう。

 

カルダノの直近の値動き

直近の値動きを見ても、ようやく「底をうつ」気配を見せています。

1時間足ベースの高値をブレイクして、4時間足の高値をブレイクできるか、注目です。

 

上場廃止されたといっても、資金量が豊富なTOP10銘柄であることに変わりありません。

今の価格は安すぎると判断して、4時間足の高値1.810をブレイクすると、さらに買いが入ってくるでしょう。