アメリカのインフレ数値発表後ビットコイン上昇

その後、ビットコインは急騰し投資家はインフレの高まりを懸念していることがわかっています。

消費者物価指数(CPI)が1999年以来の高水準で推移していると、発表されました。

商品やサービスの値段は6.2%上昇しています。

先月、Twitter社CEOのジャックドーシーが「ハイパーインフレは始まっている」とツイートしました。海外ではインフレの高まりは、注目のトピックスです。

ビットコインはインフレ対策となるのか?

ビットコインは、インフレ対策として有効。と認める意見が増えてきました。

もちろん、批判的な意見もあります。

アメリカの億万長者のポールチューダージョーンズは、「ビットコインは金よりも優れたインフレヘッジと見なしている」と話しています。

同様に、JPモルガンは、機関投資家が「金よりも優れたインフレヘッジ」と見なしているレポートを発表しました。

現在のBTCチャート分析

現在のビットコインチャートを分析すると、過去最高値を更新していったんの調整をしているものの、再度上昇してくる可能性があると思っています。

理由は、2点です。

・4時間足の安値がブレイクされていない

・下落した後の下髭で買いが入っている

4時間足ベースの安値(5万9000ドル)をブレイクされないかぎり、上昇目線で見て問題ないと思っています。

強めの下落をしていますが、重要な節目はブレイクされていません。

上昇トレンドの最中と見て問題ないでしょう。

〈参考〉

https://www.theblockcrypto.com/linked/123919/bitcoin-tops-69000-after-hot-inflation-numbers-released?utm_source=rss&utm_medium=rss