ウクライナ南・東部の状況、極めて厳しい=ゼレンスキー大統領

ウクライナ南・東部の状況、依然極めて厳しい=ゼレンスキー大統領

[リビウ(ウクライナ) 31日 ロイター] – ウクライナのゼレンスキー大統領は31日、南部や東部ドンバス地域を巡る状況は「依然極めて厳しい」との認識を示し、ロシア軍がマリウポリ周辺で軍部隊を増強していると改めて指摘した。

ビデオ演説で、首都キーウ(キエフ)と北部チェルニヒウでウクライナ軍はロシア軍を押し戻したと説明。ロシアは、両都市で軍事作戦を縮小すると発表している。

しかし、「今後も戦闘が控えている。われわれが求める全てのことを獲得するには極めて困難な道を進む必要がある」と述べた。

ロシア軍は「焼却し略奪する怪物で、攻撃を仕掛け、殺人に熱中している」と強い表現で非難した。

ゼレンスキー氏はまた、ウクライナ国家安全保障当局の高官2人の更迭を発表。国を守るという誓いに背いた「内通者」だったとしたが、詳細は明らかにしなかった。同氏が国防関係の高官の更迭を発表したのは、これが初めて。