ノルドストリームのガス漏れ、2日までに鈍化へ=スウェーデン当局

ノルドストリームのガス漏れ、2日までに鈍化へ=スウェーデン当局

[ストックホルム 28日 ロイター] – スウェーデン沿岸警備隊は28日、ロシアから欧州を結ぶバルト海の海底ガスパイプライン「ノルドストリーム」のガス漏れについて、損傷が確認された時と同じ勢いが継続していると明らかにした。ただ、週末までに勢いを緩くすることは可能だとの見方を示した。

沿岸警備隊のヨハン・ノーマン氏は記者団に対し、「ノルドストリーム運営側と連絡が取れ、協議を行っている。現時点でガス漏れの勢いは10月2日までに衰えさせることができる見通しだ」と述べた。