バイデン氏、議員の交通事故死を失念 会議で「どこにいる」

バイデン氏、議員の交通事故死を失念 会議で「どこにいる」

[ワシントン 28日 ロイター] – バイデン米大統領が28日に開かれた会議で、8月に交通事故死した議員の名前を呼んで探す場面があった。死亡した事実を忘れていたとみられる。

会議は国内の飢餓や栄養状態に関するもので、バイデン氏は主催者に謝意を示した際、会議の予算付けに関与した共和党のジャッキー・ワロースキ下院議員の名前を呼んで「どこにいる」と呼びかけた。その後はこの問題に触れなかった。

同議員が8月に交通事故で死亡した際、バイデン氏はホワイトハウスが出した声明で「ショックを受け悲しんでいる」と述べ、死を悼んだ。

共和党のビッキー・ハーツラー下院議員はバイデン氏による「大失態」とツイートした。

*動画を付けて再送します。