バイナンス、国際マネロン担当に元米財務省当局者を起用

バイナンス、国際マネロン担当に元米財務省当局者を起用

責任者に就任したグレッグ・モナハン氏は声明で、国際マネロン問題への取り組み拡充や各国規制当局・法執行当局との関係強化に注力すると述べた。

バイナンスのチャンポン・ジャオ最高経営責任者(CEO)は先月、規制当局との関係改善を望み、地域単位の本拠設立を目指す方針を示した。

バイナンスは18日の声明で、国際コンプライアンス(法令順守)チームと助言理事会の陣容は2020年から500%増強されたと説明した。