三井物、豪原料炭会社持ち分をスタンモアに売却 事業再構築で

三井物、豪原料炭会社持ち分をスタンモアに売却 事業再構築で

[東京 12日 ロイター] – 三井物産は12日、オーストラリアで原料炭の生産・販売を行っているスタンモアSMC(旧BHP三井コール)の全保有株式(20%分)を売却すると発表した。80%を保有する豪スタンモア・リソーシズの子会社に3億8000万米ドルで売却する。事業ポートフォリオの再構築の一環としている。

売却は2023年3月期中に完了する見通し。三井物は売却益を計上する見込みだが、連結業績予想には織り込まれていないという。