中国・国慶節、国内旅行は低調の見通し コロナ規制で

中国・国慶節、国内旅行は低調の見通し コロナ規制で

[北京 29日 ロイター] – 中国では10月1日から国慶節(建国記念日)に伴う大型連休が始まるが、新型コロナウイルス規制の影響で国内旅行は数年ぶりの低水準にとどまる見通し。

北京に拠点を置く中国未来研究協会の観光部門関係者は「今年、観光に大きな期待を寄せるのは現実的ではない」と指摘。国慶節の連休中の旅行が2019年水準の半分に達し、支出も新型コロナ禍前の30─40%となれば「かなり良い」数字だと述べた。

過去2年間、国慶節の大型連休中の旅行と支出は、7億8200万の旅行数と6500億元(900億ドル)の観光収入を記録した19年の水準に達していない。

フライトデータ関連会社VariFlightの推計では、今年の連休中に航空便を利用する人の数は約780万で前年比16%減少する見通し。

また、運輸省は車で国内旅行する人の数が30%減少すると予想している。