中国自動車販売、7月は30%増 コロナ規制緩和や政府助成が寄与

中国自動車販売、7月は30%増 コロナ規制緩和や政府助成が寄与

[上海 11日 ロイター] – 中国汽車工業協会(CAAM)が11日発表した7月の国内自動車販売台数は前年比29.7%増の242万台だった。新型コロナウイルス関連の規制緩和と政府の購入助成措置を背景に6月に続き増加した。

ただ1─7月の販売台数は引き続き前年同期を2%下回った。

7月の販売台数は6月から3.3%減少した。全国的な熱波により工場の生産ペースが落ち、ショールームへの来客数が減少した。

新エネルギー車の販売台数は前年比120%増加した。新エネルギー車は電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド(PHV)車、水素燃料電池車を含む。

ガソリン、電池価格の上昇を受け経済的なPHVが人気化。1─7月の販売は3倍近く増加した。純粋な電気自動車の販売も倍増した。

一方、商用車の需要は低調で、7月の販売台数は21.5%減。物流やインフラ事業などが完全に再開していないことを示唆した。