伊独首脳が電話会談、対ロシア制裁継続の重要性確認

伊独首脳が電話会談、対ロシア制裁継続の重要性確認

[ローマ 31日 ロイター] – イタリアのドラギ首相とドイツのショルツ首相と電話会談を行い、対ロシア制裁を継続することが重要だとの認識で一致した。対ロ制裁は「非常に効果的であることが証明されている」とイタリア首相府が31日に発表した。

ロシアのプーチン大統領は、ロシアが非友好国と指定する国に、天然ガスの購入費用を通貨ルーブルで支払うよう求めている。イタリアとドイツはロシア産ガスのかなりの規模輸入している。