原油先物は反落、ドル高や景気懸念が重し

原油先物は反落、ドル高や景気懸念が重し

[29日 ロイター] – アジア時間の原油先物は下落。ドル高や経済を巡る懸念が燃料需要に対する楽観的な見方を相殺している。

0016GMT(日本時間午前9時16分)時点で、北海ブレント先物は0.59ドル(0.7%)安の1バレル=88.73ドル。米WTI原油先物は0.54ドル(0.7%)安の81.59ドル。

どちらも今週は9カ月ぶりの安値を付けるなど不安定な取引が続く中、過去2営業日は続伸していた。

ドル指数は前日、20年ぶり高水準から押し戻される展開だったが、29日は上向いている。

ゴールドマン・サックスは27日、需要減少やドル高を理由に2023年の原油価格見通しを下方修正した。その上で、世界的な供給不足は長期的な強気見通しを高めていると指摘した。