米、ロシアのウクライナ侵攻に向けた準備懸念=ホワイトハウス

米、ロシアのウクライナ侵攻に向けた準備懸念=ホワイトハウス

[ワシントン 14日 ロイター] – 米ホワイトハウスは14日、ロシアが外交で目的を果たせなかった場合に戦争の口実を捏造し、ウクライナに近く侵攻する準備を進めているとの懸念を表明した。

ホワイトハウスのサキ報道官は記者団に対し、ロシア政府が「外交によって目的を果たせない場合、広範な人権侵害と戦争犯罪を引き起こしかねない、ウクライナへの侵攻に向け準備を進めている」ことを懸念していると指摘。「計画の一環として、ロシアはウクライナ東部のロシア軍に対してウクライナが差し迫った攻撃を準備していると非難することで侵攻の口実を捏造する下地を作っている」とした。

また、ロシア軍は「軍事侵攻の数週間前にこうした活動に着手する計画で、1月中旬から2月中旬の間に始まる可能性がある」とした。

サキ報道官は今後の方針を決定するのはプーチン大統領だが、侵攻を開始した場合には米国は厳しく対応すると強調。ロシア側が外交を望むなら米国側は「非常にオープン」であり、そのような対応を望んでいるが、「最終的にはロシア側が選択しなければならない」とした。

米国家安全保障会議(NSC)の報道官は、緊張激化につながっているウクライナへのサイバー攻撃の犯人はまだ明らかではないが、「ウクライナ側と連絡を取っており、(サイバー攻撃に関する)ウクライナによる調査の支援を申し出ている」と述べた。

米政府高官によると、ロシアはすでにウクライナ東部で「偽旗作戦」を実施する工作員を配備しているほか、「ロシアによる侵攻を正当化しウクライナに分裂をもたらすために国営メディアやソーシャルメディアを通じてウクライナへの挑発を捏造し始めている」とした。