韓国輸出、1月は+15.2% エネルギー輸入増で貿易赤字が最大

韓国輸出、1月は+15.2% エネルギー輸入増で貿易赤字が最大

[ソウル 1日 ロイター] – 韓国産業通商資源省が1日発表した1月の輸出は、前年同月比15.2%増と、約1年ぶりの低い伸びにとどまった。しかし、エネルギー需要の急増で、貿易赤字は過去最大に膨らんだ。

輸出は553億2000万ドルと、半導体と石油化学製品への堅調な需要で、15カ月連続で増えた。ただ、伸び率は昨年12月の18.3%から鈍化し、2021年2月以来の低さだった。ロイターがまとめた市場予想は15.5%増だった。

品目別では、半導体輸出が24.2%増となり、石油化学は40%、石油は88.4%、鉄鋼製品は50.1%それぞれ増加した。

輸出先別では、中国が13.1%増、米国が1.6%増、欧州連合(EU)が13.3%増だった。

輸入は35.5%増え、602億1000万ドルとなった。このうち、原油、天然ガス、石炭の輸入が159億5000万ドルに上った。

貿易赤字は48億9000万ドルと過去最大を記録した。

同省は「原油・ガス・石炭の輸入額急増で、輸入の伸び率で輸出を上回ったことが、赤字の主因となった」と説明した。

原油、天然ガス、石炭の輸入は159億5000万ドルに上り、前年同月の68億9000万ドルの2倍以上に膨らんだ。

文勝ウク(ムン・スンウク)産業通商資源相は「最近の原材料価格の急上昇や地政学的緊張によるサプライチェーン(供給網)の不安定化といったリスク要因を踏まえると、今年の貿易の状況は韓国の輸出にとって好ましいものではない」と指摘した。