暗号資産取引所バイナンス、人民元を年末で除外 中国の措置受け

バイナンスはもともとの本拠が中国だったが、13日の声明では、中国当局が取り締まりに乗り出した2017年に中国本土から撤退していると説明した。

同じく中国発祥のオーケーエックス(OKEx)も13日、中核事業は2017年以降、国際市場に移管しており、中国本土市場へのサービス提供は停止していると説明した。

取引所Binanceのトークン・BNBの概要と値動きを解説

BNBとは?概要を解説

BNBは2017年6月のICOで誕生した仮想通貨です。

Binance独自のブロックチェーンである「BSC(Binance Smart Chain)」上のトークンであり、取引手数料の支払いやBNB建てのトレード・Binanceにおける少額両替などに使われています。

さらにBinanceでは、BNBを使用することで4年目まで手数料の割引が可能。

1年目は50%割引であり、そこから2年目に25%、3年目に12.5%、4年目に6.75%と割引されていきます。

このようにBNBは通貨としての取引に加えて、Binanceの利用時にも有効活用できるのです。

 

BNBのこれまでの値動き

始めに、これまでのBNBの値動きを確認してみましょう。

2018年の最初に仮想通貨バブルが崩壊した後、多くのアルトコインは低価格で推移し続けました。

BNBも一時は値下がりするも、大きな影響を受けていません。

そして2019年にBinanceはDEX(分散型取引所)や「Binance Launchpad」をローンチしていき、取引所のサービスを増やしていきます。

こうした施策の効果か、BNBは2019年以降に徐々に値上がりしました。

BNBのこれからの値動きは?

続いて2021年からの値動きと、今後の相場について考察します。

2021年にBNBはさらに高騰し、5月には最高値を更新。

おそらく2021年以降のDeFiやNFTブームの影響であると考えられます。

 

それでは今後の価格はどうなるのでしょうか。

BNBの価格を見る際には、やはり取引所であるBinanceの動向がポイントとなってきます。

 

まずBNBは四半期ごとにトークンバーンされており、7月にも1,296,728 BNB(約$393,673,653.52相当)がバーンされました。

定期的なバーンによってBNBの希少性が上がるため、インフレ対策となります。

 

次にBinanceが提供するサービスについて。

上記の通りBinanceのサービス拡充は、BNBの価格にも影響を及ぼす可能性があります。

今後もBinanceの取り組みにより、BNBへの需要が高まるケースも考えられるのです。

 

一方でBinanceは現在、様々な国から警告を受けているため、その影響でサービス内容が縮小する事態も想定されます。

例えば英金融行動監視機構(FCA)はBinanceに対して「金融ライセンスを取得せずに営業している」と指摘しました。

 

同じく日本の金融庁も6月、「無登録で日本の居住者にサービスを提供している」として警告を出しています。

こうした各国の動きによって、もしBinanceのサービスに規制がかかれば、BNBの価格に悪影響を与えるかもしれません。

 

以上のようにBNBの値動きを考察する際はチャートだけではなく、Binanceの動向にも注意が必要です。