6月の仮想通貨-概要

SimpleFX CFDの取引プラットフォームによってもたらされた仮想通貨の世界で6月に起こったことの概要をご覧ください。最近ニュースを見る時間がなかった場合、または先月の概要に興味がある場合は、こちらの記事をぜひご覧ください。当社にとって6月は、SimpleFXのモバイルアプリの提供するサービスが広がったし、新しいアフィリエイトパネルが開始された時期でした。では、今月の概要を見てみましょう。

EOS メインネットの開始は、そのユニークな特性のために、仮想通貨セクターで最も注目を集めたイベントでした。このプロジェクトを開始したBlock.oneという会社は、1年を通して約40億米ドルを収集しました。その後Block.oneは、コードをオープンソースにし、システムの管理を一般に公開することを目指しました。マイニングに関しては、21ブロック制作者がトランザクションを認証することを意図されています。その21ブロック制作者は、ネットワーク参加者の投票によって選択されることを意図されています。参加者は持っているEOSの量によって投票に影響力が違います。残念ながら、このシステムの開始は意外に困難になりました。メインネットが開始したから21ブロックの制作者が選ばれたまでにはしばらく時間がかかりました。さらに、いくつかのアカウントを凍結させることについていくつかの論議がありました。分散したはずのネットワークにとっては、こういう状態が奇妙に中央のネットワークのように見えました。それにしても、EOS メインネットはここ数カ月間で最もユニークな仮想通貨実験の1つであり、この自治システムがどのように発展するか興味深いところです。

中国の国営テレビ局CCTVはブロックチェーンに関する1時間のテレビ番組を放送しました。番組のホストは、ブロックチェーンがインターネットより10倍に役に立てる可能性を秘めていると述べました。いくつかの否定的な発言があったにもかかわらず、全体的な印象は心温まるものでした。そういう番組が中国の国営テレビによって放送されたという事実は業界の注目を集めました。

ノーザントラスト(Northern Trust)によって最近に登録された特許はブロックチェインの日常生活への影響が増しているもう一つの証明になります。要するに、彼らは、スマートコントラクトが出席者やそれぞれの行動やその行動の締め切りなどのデータを記録し、それをブロックチェーンに保存するという状況を想定してきました。こういう機能が主流になると、追加の作業を避けるために会議を早期に離れるなどの行動は無意味になります。

5月の仮想通貨-SimpleFXの概要

SimpleFX CFDの取引プラットフォームによってもたらされた仮想通貨の世界の5月に起こったことの概要をご覧ください。最近ニュースを見る時間がなかったまたは先月の概要に興味がある場合、この記事がとても役に立つと思います。

仮想通貨が主流のビジネスに大きなインパクトを与えているニュースを見るたび、とても素晴らしいと思いませんか?NVIDIAのCEO、Jen-Hsun Huangは、マイナー(採掘者)によるGPUの需要の増加がグラフィックカードの不足につながったと認めました。仮想通貨は、肯定的な影響はもちろん、負の影響も与えています。MastercardのCFOは、会社のクロスボーダー取引量の減少を報告し、クレジットカードによる仮想通貨購入を禁止した銀行の一部につなげました。さらに、両社の代表者は、セクター開発のペースを予測することが困難であるため、収益予測に仮想通貨を含めていないと述べました。正か負か、仮想通貨の大きなインパクトは明らかです。

5月には、国々の仮想通貨へのアプローチの変化を見ることができました。中国の大統領は、ブロックチェーンがモノのインターネットと人工知能と一緒に現在の経済状況を作っている技術であるし、中国はこの分野の研究を進めるべきだと指摘した。確かに、ブロックチェインと仮想通貨は同じではないという方もいるかもしれません。しかし、これは中国の大統領によって公表された業界に関する最初の肯定的な意見です。それと同様に、韓国の金融監督院長Yoon Suk-heunは、仮想通貨の積極的な側面について話し、おそらく仮想通貨の規制を緩めていると語った。さらに、第4回産業革命特別委員会は、投資家の権利が保護されていれば、ICO禁止を解除する法律が正式に提案する予定があります。

5月22日には、1万ビットコインで支払われた有名なピザ購入の8周年を迎えました。

仮想通貨の価格がどんどん増加したため、プログラマーのLaszlo Hanyeczは間違いなく名を残してしまいました。その時にピザの2枚に費やされた金額が2018年まで7700万ドルになったのは信じられないことです。

ビットコインキャッシュの購入方法とは?

ビットコインキャッシュの売買

8月1日以降、ビットコインキャッシュは技術の向上により注目を集め、人気の仮想通貨になりました。現在、すべて取引所でビットコインキャッシュを取引する機会が提供されてはいませんが、FXTMでは簡単にトレーダーや投資家がビットコインキャッシュの売買を行うことができます。基本的には、FXTM にサインインし、銀行振込やクレジット カードで入金すれば、デスクトップまたはモバイルアプリのいずれかでビットコインキャッシュをトレードすることができます。Plus500も高度なトレーディングプラット フォーム、低スプレッド及び高速な執行により、ビットコインキャッシュを売買する機会を提供します。

ここからFXTM にサインインすることができます。

ビットコインキャッシュのトレーディング

ビットコインキャッシュや他の仮想通貨の価格変動を利用しようとしている人にとって、Plus500はビットコインキャッシュ、ビットコイン、イーサリアム及びその他の仮想通貨をトレードへの瞬時のアクセスを提供しています。そのプロセスは便利で先端的なトレーディングプラットフォーム(デスクトップ及びモバイル)、低いスプレッド及び瞬時の執行で高速かつ簡単です。詳細内容についてはここをクリック

ビットコインフォーク

8月の初旬に、ビットコイン業界にはビットコインフォークと知られる大きな変化がありました。多くの技術的関与が深まるというよりは、それは最高の技術志向へのチャレンジとなることであり、トレーダーにとってはビットコインが2つに分かれたということを本質的に意味し、一方が引き続き、ビットコインと称され、もう一方はビットコインキャッシュと称されました。この分裂がまさにどのように起こり、ビットコイン市場におけるこの分裂の影響は価格、技術、取引量などの観点でどのようなことなるのかについて、トレーダーや技術者に同様の多くの緊張を引き起こしました。

ビットコインキャッシュとは?

良いニュースはこれまでのところ、分裂はかなりうまく管理されてきており、これまでビットコインネットワークにおいて大きな問題は報告されていません。これは、ビットコインキャッシュと称される新たな仮想通貨の誕生につながりました。それはビットコインの総取引量の20%程度、ビットコインの20%程度の価格でスタートしましたが、その後、価格や時価総額の観点でも大きく下落しました。この分裂で多くの採掘者がビットコインからビットコインキャッシュに移り、ビットコイン業界で重大な懸念となったのはこの脱出でした。しかし、これまでのところ、このビットコインキャッシュへの脱出はかなり最小限のものであり、まだ懸念となるほどのものではありません。この分裂の背景となるアイディアは、ビットコイン市場における取引数を可能にすることであり、これは多かれ少なかれ大半は達成されました。

今日すぐビットコイン取引に参入する

ビットコインキャッシュを買う方法とは?

フォークが完了した現在、次にビットコインキャッシュをどこで、どのように買うのかという問題が出てきます。最も単純な方法は、とりわけ、分裂の時点で自分のウォレットにビットコインが入っていれば、ウォレットにある相当額のビットコインキャッシュを受け取れるというものです。これがそういうことでなければ、利用しているブローカーや取引所に同じ依頼を行い、ビットコインキャッシュをウォレットに入れてもらう必要があります。取引所によってはビットコインキャッシュの同等数をもらえる所もあり、様々な理由で若干少なく与えるとこもありますが、これは利用する取引所に明確な説明を求める必要があります。

ビットコインキャッシュのそうした無料クレジットの問題は今のところ、容易に引き出すことができないということです。多くの取引所は、このビットコインの分裂と特にビットコインキャッシュの扱い方について未だに多くの技術的難題に直面しており、取引所がビットコインキャッシュを引き出すことができるようになるまで数か月もかかるかもしれません。

まだ、仮想通貨の人気やビットコインキャッシュの魅力が高まり、CEO.IXKraken、そしてBithumb等の多くの取引所では新たなデジタル通貨を売買するための素晴らしいサービスが提供されています。

ビットコインキャッシュ取引所

次の方法は、あなたがビットコインキャッシュを持っていなければ、取引所に行き、それを購入することができます。CEO.IXKraken及びBittrexのような主要ビットコイン取引所はすでにビットコインキャッシュの取引を開始しており、その取引量の増加を目の当たりにしていました。そのため、こうした取引所にアクセスし、需給や価格を見て、それを得るだけでいいのです。Krakenはフォークの数日後にビットコインキャッシュの取引を開始していましたが、ビットコインキャッシュでの入金と出金を受け付け始めたのが今日であり、それはこの仮想通貨の利用の増加の兆候と言えます。

取引所から、あるいは取引所からそれを買うことにより、ビットコインキャッシュを受け取ると、それに他の仮想通貨を使うように、好きなようにそれを使うことができます。また、それを再度ビットコインに換え、そのビットコインも使うことができます。至って簡単です。

しかし、しかし心に留めておくべきことが若干あります。アドレスはビットコインとビットコインキャッシュ両方が同一です。そのため、それを公開すると、自動的に他方も公開することを意味し、これがセキュリティやプライバシーの観点でリスクになります。また、仮想通貨業界に組み込まれたセキュリティの特定の層で損をすることを同様に意味するプライベートカギではなく、あなたの公開鍵も公開します。これらは、ビットコインキャッシュの使用を開始する前に心に留めておくことが必要となる多少の点です。この問題を克服するための1つのアイディアは、安全性と他方のセキュリティを確保できるように、全く新しいアドレスにビットコインやビットコインキャッシュを移動することです。

ビットコインとの比較でのビットコインキャッシュのメリットとは?

ビットコインキャッシュ市場は大規模時価総額で始まり、大きな金額のタグを付けて開始していたこともあり、明るくスタートしてきました。分裂のため、ビットコインキャッシュはもはやいかなる形でもビットコインに関連しておらず、独自に生き残らなければなりません。益々多くの採掘者がビットコインキャッシュ市場に参入し、採掘を始めたため、とのように生き残るのかはこれから分かります。ちょうど他の仮想通貨のように、ビットコインキャッシュは、採掘者から十分な処理能力 (ハッシュレート)を得ることが非常に重要であり、それでブロックチェーンを構築し続けることができ、そうでなければ、ゆっくりと弱体化し、死に絶えてしまうことになります。ビットコインキャッシュ業界は、それに投資する者が引き続き満足できるようにその周辺の優れたエコシステムを構築することが重要です。こうしたことは、この商品が成功するための重要なパラメーターになります。

ビットコインキャッシュは独自の市場を開発し、ビットコインとは異なり、さらに便利なものであることを示しています。これまで、取引市場でのビットコインキャッシュでの盛り上がりはスローペースでしたが、益々多くのトレーダーや投資家が取引すべきはここであると分かり始めてきているため、これから加速し、強化されていくものと期待されます。ビットコインキャッシュがすでに有する主な優位性の1つは、8月1日にビットコインを所有していた誰もが自動的にビットコインキャッシュの同数を得ることになり、ウォレットの普及に伴い、それを受け入れる市場と共に、ビットコインキャッシュはうまくいく可能性が高くなります。

ビットコインキャッシュのもう1つの主な優位性はその大きいブロックの制限です。これは、ビットコイン市場の主な短所の1つであり、このことはビットコインキャッシュの支持者が最初に分裂を望んだ理由です。現在、高い制限があれば、ビットコインキャッシュがこの技術の次のステージを推進できるようになる非常に多くの取引数を実行することができるようになります。

ビットコインネットワークで何が起こるのか?

このことがビットコインネットワークに対して意味することは、技術の成長の舞台を用意し、その技術が成長するに伴い、誰もが知ることになるという心構えでいるということです。この分裂が行ったことは、市場に対して技術は積極的に市場とそのニーズに耳を傾け、それ相応に対応していくということを示しました。ビットコインキャッシュ市場は一旦繁栄し始まると、この技術の分裂は、一方が他方よりも優れていること、そして両者が生き残り、ネットワークと技術の成長において役立つということであり、他方が生き残るために一方が死に絶えることを必ずしも意味していないということも示しています。

また、このことは、ビットコインやビットコインキャッシュの両方に対して低い取引手数料をもたらし、その代わりに、投資家やトレーダーはより多くのビットコインとビットコインキャッシュを受け取る可能性が高まることを意味します。こうした手数料の低下は、ビットコインキャッシュが現在低過密状態であることを意味するネットワークの規模の拡大に役立ってきたという事実によるものです。そうした優位性は、益々ビットコインのトレーダーや採掘者をビットコインキャッシュに向かわせることになる可能性が高く、これはこの市場が繁栄し、技術的に成長し、他の仮想通貨の手本となるべく成熟する上でも役立ちます。この度の分裂の現象はそうした商品における信頼性を増強することになり、それは翻って、多くの国がそうした技術を採用し始めることにつながるでしょう。

既にビットコイン市場は、需要が高まり、この原稿を執筆時点で価格は7000ドルの到達点から8000ドルの到達点に急騰してきました。これは、ビットコインネットワークが活性化し、繁栄していることも示しており、このことからビットコインキャッシュが同様な効果を達成する上で役立つ可能性が高くなります。

今日すぐビットコイン取引に参入する