ドル円は115円の壁をブレイクできる?今週のドル円の展望を解説!

ドル円相場は現在、114.800付近が重要な節目となっているため、今週はブレイクできるかどうか?に注目が集まっています。

 

この記事では、ドル円の今週の展望を考察しました。

 

・ドル円がどうなっていくか検討がつかない

・参考となるシナリオを教えてほしい

 

こんな悩みを持つ方の、ニーズを満たせる記事です。

 

ドル円の現状

 

シナリオを立てる際は、必ず現状の分析からしましょう。

現在のドル円は、レンジ相場です。

114.750の重い上値と113.740の安値の「レンジ」を上下どちらに抜けるか?の1点のみを注目しています。

 

日足ベースの包み足があることから、売り圧力も強いです。

ただ、4時間足で3尊を作って下落すると思われましたが、安値を守り反発しています。

売買が拮抗しているので、現状では上下の判断が難しいです。

 

今週のシナリオ

現状は、レンジの状態。

調整が長引いていることから、上下どちらにブレイクしたとしても、強いトレンドになることが予想できます。

 

シナリオとしては、2点。

 

・113.740を確定足でブレイクしてからのショート

・114.756をブレイクしてからの押し目買い

 

利益確定は、ショートの場合、112.730。もう少し勢いが強ければ110円台まで伸ばせるかと思っています。

 

ロングの場合は、週足の次回高値・115.570が目安です。

スイングトレードを想定しているので、デイトレーダーはもう少し短くてもよいでしょう。

 

判断が難しい相場ですが、焦らずに「確定足」で判断することが重要です。

レンジブレイクかと思いきや、ヒゲをつけて戻すことはよくあります。

 

決めつけず、盲信せず、淡々と相場を分析しましょう。

 

ドル円の展望!上昇フェーズ終了で円高へ!

 

・「このまま下落してくるのか?」

・「どこまで下落するのか?」

 

ドル円の動向が気になっている方も多いでしょう。

そこで今回は、ドル円の下落は続くのか?どこまで下がるか?を考察します。

 

下落の原因は週足ベースのレジスタンスライン

3日間で急落した1番の原因は、115円のレジスタンスラインあったことが大きいでしょう。

このラインは、3年前の円安相場でも機能した重要な節目でした。
とても強いレジスタンスラインです。

さらに、115円まで一気に急騰したことでレジスタンスラインをブレイクできるほどの調整を挟めていませんでした。

移動平均線との乖離が大きかったため、平均に収束する力が働いたとも言えます。

 

ドル円はどこまで下がる?

 

ドル円がどこまで下がるか?下落が止まる可能性のある水準を考察します。
結論からいうと、113円がいったんの反発ポイントになると分析しました。

逆に113円で抵抗がないと、一気に下落する可能性があります。
113円が抵抗になる理由は、以下3点です。

 

  1. 日足ベースの移動平均線
  2. 4時間足ベースの前回サポート水準
  3. 1時間足ベースの平行チャネル

 

1.日足ベースの移動平均線

ダウ理論的に見ると日足ベースでは依然として、上昇目線です。
安値(110.700)は守られています。

今回の下落を上昇の調整と仮定すると、いったんの反発目安は移動平均線+フィボナッチ61.8%水準の113円のゾーンです。

 

2.4時間足ベースの前回サポート水準(113,2)

4時間足を見ると、安値をブレイクして下落フェーズに移行しています。
抵抗となるのは、113円付近です。

前回もサポートされている水準なので、反発する可能性があります。

 

3.1時間足ベースの並行チャネル

高値と安値を等間隔で結ぶと、並行チャネルができます。
1時間足では、並行チャネルが機能しているチャートです。

次回のサポート水準が、113円とかさなるため、反発するポイントになります。

 

113円をブレイクで急騰から全値戻しか?

 

紹介した、3つの反発ポイントは113円でかさなります。
逆に、113円をブレイクすると抵抗がなくなるので、急騰から全値戻す(110円)可能性が高いです。

もちろん、相場は1直線に進むことはないので、上昇の調整を挟みながら下落するでしょう。
いずれにせよ、113円のポイントに注目です。

午後3時のドルは110円半ばで下げ止まり、米金利の低下一服で

市場からは、先週の米連邦公開市場委員会(FOMC)からドル/円相場の流れが変わったとの見方が出ている。

「米長期金利の上昇余地を見込み、日米金利差拡大への思惑がドル/円の支えとなりそうだ」(国内信託銀行)といい、7月初旬に付けたドルの高値111.65円付近を更新するかが焦点という。米10年債利回りは、現在1.45%台前半で推移している。

一方、目先のドルの下値としては110円近辺が意識されているという。この水準を短期的にでも割り込み109円台までドルが下落するようであれば「足元のドルの上昇基調がフェイクだったと捉えられる」(楽天証券・FXディーリング部、荒地潤氏)との見方もあり、今後ドルがどちらに方向性を見いだしていくかが注目されている。

ユーロは、ドイツ連邦議会選挙(総選挙)結果が伝わっても小動きにとどまり、「総選挙の影響は現時点では限定的」(国内証券)だった。今後の財政政策がどうなるかなど詳細が明らかになるまでは動きづらく、「今晩、欧州勢がどのように(ドイツ総選挙を)解釈するか注目される」(同)という。

26日の投開票では中道左派の社会民主党(SPD)がメルケル首相所属の保守連合、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)に僅差で勝利した。

 

 

ドル/円   ユーロ/ドル ユーロ/円

午後3時現在 110.62/64 1.1719/23 129.65/69

午前9時現在 110.76/78 1.1721/25 129.83/87

NY午後5時 110.72/75 1.1714/18 129.75/79

 

午後3時のドル110円半ば、感染再拡大でクロス円は総じて軟調

午後3時現在 110.49/51 1.1894/98 131.43/47

午前9時現在 110.52/54 1.1899/03 131.52/56

NY午後5時 110.50/53 1.1895/99 131.49/53

午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の110円半ばとなった。月末・期末の五・十日に当たるこの日は、国内実需筋の売買が交錯し、国内勢のフローが相場を左右する展開。新型コロナウイルスの変異種が欧州で拡大していることへの懸念もあり、クロス円が総じて軟調だった。

ドルは国内勢の買いを受けて、仲値にかけて高値110.60円まで上値を伸ばしたが、高値圏で国内勢の売りが流入したことや、日経平均の伸び悩みなどで、110.44円まで押し戻された。

対欧州通貨や対資源国通貨のクロス円が軟調なことも、ドル/円の上値余地を限定した。欧州通貨や資源国通貨安の背景には新型コロナ変異種「デルタ株」の感染拡大がある。

英ポンド/円は23日に付けた直近の高値155.15円から下落し、現在は152円後半での取引となっている。

ユーロ/円は23日付けた直近の高値132.66円から下落し、131円前半まで下落した。

ドイツのロベルト・コッホ研究所(RKI)のウィーラー所長は28日、国内の新型コロナ感染者数について、感染力の強い新型コロナ変異株「デルタ」の感染者の割合が14─20日に36%に達し、前週の15%から倍以上に増加したと発表した。

オーストラリア当局は30日、インドで確認された新型コロナの変異株(デルタ株)の拡大を封じ込めるため、ロックダウン(都市封鎖)および行動規制の対象地域を拡大した。

変異株の感染は、欧州のほか東南アジア諸国でも広がっている。市場からは「世界経済回復の腰折れまでとはいかないが、リスクセンチメントの悪化は避けられない」(国内金融機関)との声が聞かれ、感染状況によってはクロス円の円高基調が続くとの指摘もある。

一方、米10年債利回りは1.5%を下回る水準で膠着感が強く、「ドル/円も動きづらい状況」(上田東短フォレックス・営業推進室長、阪井勇蔵氏)だという。

海外では、ユーロ圏で6月消費者物価指数速報値(統計局)、米国で6月全米雇用報告(ADP)が発表される予定。

 

ドル横ばい、予想下回るインフレ指標で一時下落=NY市場

米商務省が25日発表した5月の個人消費支出(PCE)価格指数は、食品とエネルギーを除いたコア指数が前月比0.5%増と市場予想の0.6%増を下回った。前年同月比では3.4%上昇と、1992年4月以来、29年ぶりの大幅な伸びを記録した。5月の個人消費は前月比で変わらず。前月分は当初の0.5%増から0.9%増に上方修正された。

BKアセット・マネジメントのFX戦略部門マネジングディレクター、ボリス・ショレスバーグ氏は「きょうのデータから得られた最も興味深く際立った点は、インフレの暴走は見られないということだ」と指摘。米連邦準備理事会(FRB)の見解は現時点でおそらく正しいと述べた。

米ミシガン大学が25日に発表した6月の消費者信頼感指数(確報値)は85.5と、5月確報値の82.9から上昇した。富裕層の景気見通しが改善したことで押し上げられた。

ドル指数は一時91.524まで下落したが、終盤は91.838と変わらずで推移。

米ボストン地区連銀のローゼングレン総裁は25日、来年にも利上げ条件が整う可能性があるとした上で、経済指標を注視することが重要という考えを示した。金利見通しには言及せず、金融政策は経済指標の内容次第だと強調した。

米ミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁は25日、直近の高インフレが持続せず、今秋には多くの米国人が復職するとの見通しを示した。

米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は25日、労働力の強化と経済的包摂につながる投資は、経済成長押し上げの一助になる可能性があると述べた。

ポンド/ドルは0.33%安の1.3875ドル。

ドル/円は110.83円。前日には111.11円と15カ月ぶりの高値を付けていた。

日本の総務省が25日発表した6月の東京都区部消費者物価指数(生鮮食品を除く総合指数、コアCPI)は、前年同月比横ばいだった。ガソリンや学習塾の補習教育費用などが押し上げ要因となったが、大手キャリアの新料金プラン導入などで携帯電話通信料が下落したことが相殺した。

BDスイスの投資調査部門責任者、マーシャル・ギットラー氏は「市場が目下注目しているインフレに関して、日本は完全に異端な存在だ。主要国の中で異色な日本でインフレが起きていないことが示された」と述べた。

ドル/円 NY終値 110.77/110.81

始値 110.76

高値 110.87

安値 110.49

ユーロ/ドル NY終値 1.1933/1.1937

始値 1.1944

高値 1.1975

安値 1.1927

tagreuters.com2021binary_LYNXNPEH5O17C-VIEWIMAGE

外国為替取引を後押しする方法とは?

外国為替はトレーダー全員に大きな可能性をもたらします。 いくら投資する予定だとしても、誰でもこの市場に参入することができます。 お客様自身のポケットにある10ドルでも、外国為替取引を始め、利益を上げることができます。 しかし、ここにさらに良いオプションがあります–FBSのFXボーナスを使用しましょう。

レベルアップボーナスを有効にし、FBSから最大140ドルを獲得しましょう。 そして取引してたくさん稼ぎましょう。 お客様は問題なく、利益を引き出すことができるでしょう。 ボーナスは無料であり、条件はとても簡単なものです。

レベルアップボーナスを取得するには?

  1. FBSをダウンロード – Trading Brokerをダウンロードして、モバイル個人エリアでレベルアップボーナス口座を開きます。 無料で140ドルを獲得しましょう!
  2. Eメールをご確認ください。
  3. フェイスブックアカウントを個人エリアに接続します。
  4. FBSにある教材を使い取引スキルを向上させて、簡単なテストに合格し自分の知識を確認しましょう。
  5. 最低で20日間取引します。 5日以内の短期間の休憩を取ることは可能です。

素晴らしいです! これを行なった後、お客様はレベルアップボーナス口座から利益を引き出すことができます。

FBSアプリのインストールを飛ばし、Web個人エリアで手順2〜5を実行することが可能です。 この場合、70ドル獲得することができます。 全額である140ドルをもらうには–モバイル版でのみ利用可能です。

このボーナスは、無料でお金を稼げるだけでなく、成功した生産的取引の基本を学ぶ機会が得ることができる素晴らしいものとなっています。 FBSの目標としては、クライアントに教育、学習、そしてより強く効果的に取引できる機会を提供することです。 その結果、このプロモーションに参加する人はリスク管理と少量での取引についての多くを学ぶことができます。 実の利益としては、ずっと続けるという動機です。

レベルアップボーナスに加え、FBSは、幅広いボーナス、プロモーション、又コンテストをお客様に提供しています。 車でさえ獲得することができてしまいます。 詳細につきましては、jpfbs.comにアクセスしてください。

FBSでの取引をお楽しみください–ブローカーは、低スプレッドで簡単な支払い処理、及び高レバレッジを提供いたします。 MetaTrader(MT4、MT5)又はそれ以上のもので取引する–より便利なサービスであるFBS Traderプラットフォームを試してみてください。 取引手段が記載されている幅広いリストから選択してお金を稼ぎましょう。