DOGEコインが急騰!上昇は続くのか?DOGE,SHIBのチャート分析

DOGEコインのチャートが好転しました。

イーロンマスクの「DOGEでテスラの商品の一部を購入できるようにする。」というツイートの後、価格は急騰しています。

一方で、同じミーム銘柄であるSHIBは長い下落トレンドから抜け出せていません。

・DOGEコインは上昇を続けられるのか?

・SHIBの今後の価格はどうなっていくのか?

最新のニュースを整理しながら、考察しました。

イーロンマスクによる後押しを受けたDOGE

DOGEコイン急騰の理由、イーロンマスクのツイートで間違いないでしょう。

現在は、急騰が落ち着き下落してきています。

DOGEは急騰から急落して、「全値戻し」の可能性が高いです。

理由は2つ。

 

・高値(0.2247)のゾーンをブレイクしていない

・日足ベースの上ヒゲ

 

ダウ理論で意識される高値をブレイクできなければ、方向が転換したと定義しないトレーダーが多いでしょう。

また、上ヒゲから売り圧力が高値付近で起きたことがわかります。

調整の形次第では、今の下落を押し目として上昇する可能性も考えられますが、現状下落が優勢だと判断しました。

SHIBは下落トレンドが続く

SHIBは、下落トレンドが11月から1ヶ月以上続いています。

12日に短期的に急騰しましたが、方向性を変えるほどの上昇を起こせていません。

DOGEコイン同様、4時間足の高値(0.00004507)のゾーンにブレイクが上昇転換の合図となると見ています。

 

SHIBの直近のニュースをまとめると、

・インド取引所「Uncoin」に上場

・トルコでSHIBユーザー増加

・決済サービスFlexaでSHIBが採用

など、ポジティブなものが多いです。

コミュニティーが機能して上昇したコインなので、コミュニティーの動きを注視するのが有効でしょう。

 

テクニカル的には、引き続き高値(0.00004507)をブレイクできるかどうか。注目してみていきます。

シバイヌが10%上昇!SHIBの上昇は続く?

仮想通貨マーケットは、Facebookのメタへの社名変更以降、メタバース関連銘柄が強い上昇を見せています。

その中で、メタバースの1つ前に注目されていた「ミーム銘柄」のトップ層にいるシバイヌ(SHIB)が上昇中です。

 

この記事では、SHIB上昇の理由を考察し、チャート分析を用いて今後の展開を予想します。

 

シバイヌ(SHIB)上昇の理由

シバイヌ上昇の理由は、2つあると見ています。

 

・Game Fi/メタバースへの参入

・取引所・クラーケンへの上場

 

シバイヌの公式Twitterは、ゲーム分野の強化として、ゲーム業界のベテランであるウィリアムボルクを招き入れたことを発表しました。

 

ウィリアムは、1992年からゲームを開発している重鎮です。

また、取引所への上場も大きなニュースとなりました。

クラーケンの上場発表後に価格は上昇し、検索ボリュームも増えています。

シバイヌの上昇は続くのか?

シバイヌは、1ヶ月以上意識されていたトレンドラインをブレイクして、上昇しました。

 

現在は、上昇トレンドを起こせるのかどうか、とても重要な位置にいます。

0.00004822の高値をブレイクして、ダウ理論では高値をブレイクしてきましたが、すぐに下落しました。

 

ただ、現在は安値(0.00004822)を守っていて、上昇目線で見ています。

週末まで安値を守れるようであれば、調整を挟み上昇する可能性が高いです。

安値をブレイクしてくるようだと、三尊を作って下落回帰してしまうでしょう。

 

SHIBが再度上昇し、ミーム銘柄トップの座をDOGEから奪い返せるか注目です。

SHIBチャート分析|トレンドラインをブレイクできるか?

・SHIBはもう上昇しないのか?

・SHIBの現状を知りたい

 

この記事を見ているあなたは、こんな風に考えているでしょう。

そこで今回は、SHIBの直近のニュースとチャート分析をおこないました。

 

SHIBの近況

 

丸1ヶ月を下落に費やしているSHIBですが、ファンダメンタルズでは好材料が集まっています。

 

・米大手シネマAMCがSHIB決済を導入予定

・SHIBトークン保有社が100万人を突破

・Bitfinex Derivatives に上場

・韓国の取引所Korbitに上場

 

保有社が増えているのに価格が下落しているのは、資金量の多い大口投資家が利益確定しているからでしょう。

また、シバイヌコミュニティーは引き続き機能していて、熱心なホルダーは多いです。

 

SHIBのチャート分析

SHIBのチャートを見ると、典型的な急騰から急落の形ができています。

上昇するためには、まずトレンドラインのブレイクと、高値(0.0000519)のブレイクは必須でしょう。

 

また、下落が続く場合であれば

「どこまで下落するか?」という視点が必要です。

 

現状だと、4時間足ベースの前回安値である0.00003357ゾーンまでの下落する可能性もあります。

 

活発なコミュニティーや好材料によって長期的には将来性があると思っていますが、今のSHIBは、下落目線でみることしかできません。

 

トレンドラインをブレイクしようとする動きを見せると、うわヒゲや移動平均線に抑え込まれ、何度も下落しています。

売り圧力が強いです。

 

おそらく、高値掴みをした人のロスカットが入るのでしょう。

 

トレンドラインをブレイクできるか?

高値をブレイクして上昇できるか?

 

2点に注目して、引き続きチャートを分析していきます。

〈参考〉

https://cointelegraph.com/news/1-million-shiba-inu-users-can-t-be-wrong-can-they

シバイヌが三角持ち合いを形成!将来性はあるのか?

シバイヌは11月に入り、最高値からは15%以上下落。

11月に入ってからは、低調な値動きで上昇の兆しを掴めていません。

 

・今後も上昇の目途はあるのか?

・一瞬の上昇で終わってしまうのか?

 

疑問に思っている方も多いと思います。

そこで今回は、シバイヌの現状を分析し、今後の値動きを考察しました。

 

鍵を握る上昇の三角持ち合い

シバイヌのチャートを見ると、2つのシナリオが描けます。

 

・急騰急落か?

・上昇の調整を終え、再度上昇するか?

 

急騰急落の可能性ももちろんあります。

現状の三角持ち合いを下落方向にブレイクされると、4時間足の安値(0.00003ドル)まで下落する可能性が高いです。

一方で、三角持ち合いをブレイクできれば、再度上昇するでしょう。

三角持ち合いをブレイクできるか?が直近のチャートの最重要項目です。

今後の将来性は?

(SHIB公式サイト)

ここからは、あくまでも予想です。

不確定な要素も多いですが、シバイヌはまだ上昇すると思っています。

理由は、3点。

・ミームの評価が高まっている

・コミュニテイーが機能している

・知名度が上がった

シバイヌコミュニティーがロビンフッドにシバイヌ上場を懇願しており、上場の圧力が強まっています。

下落しているものの、シバイヌがビリオネアを量産したことで、「ミームの評価」があがりました。

コミュニティーは強固に機能しており、独自のNFTを発行するなど盛り上がりを見せています。

現在、時価総額は3兆円。シバイヌの材料が出るのを待ちましょう。

〈参考〉

https://cointelegraph.com/news/shiba-inu-falls-after-2-3b-of-shib-moved-from-whale-wallet